遺産分割協議書の書き方・作成例・雛形

遺産分割協議書の書き方・作成例・雛形

ようこそ「遺産分割協議書の書き方・作成例・雛形」のWEBサイトへ

「遺産分割協議書の書き方・作成例・雛形」のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。

このサイトは、相続手続きに必要な「遺産分割協議書」の文例・例文・テンプレート・フォーマット・書式・見本・サンプル・記載例をご提供いたします。

また、「遺産分割協議書」を作成する上でのポイントや注意事項等についても触れていますので、ご活用ください。


当サイトのご利用者様へ
当サイトに掲載している文例に関しては、個別の案件を想定しておりません。
そのため、ご利用者さまの置かれた状況と異なる場合がございますので、ご自身の責任とご判断のもと、加除修正のうえご利用下さい。
当サイトのコンテンツを利用することにより生じたいかなる結果につきましても、サイト運営者・パートナー等の業務提携者は、一切の責任を負わないことをご了承願います。

遺産分割協議・遺産分割協議書

遺産分割協議・遺産分割協議書とは

相続が発生した場合、亡くなった人(被相続人といいます。)の財産は、遺言で財産の分配方法が指定されていない限り原則としてそれぞれの相続人に対して民法で定められた割合(法定相続分といいます。)で分配されることになります。

しかし、相続人全員で遺産分割協議を行うことで法定相続分とは異なった割合で財産を分配することが可能となります。

また、遺言書で相続財産の分割を禁止している場合を除き、たとえ遺言書で財産の分配方法が指定されている場合であっても、相続人の全員の合意があれば、遺産分割協議により遺言書の内容と異なる遺産の分割をすることが可能です。

遺産分割協議が行われ、それぞれの相続人に分配される財産が確定した場合には、その内容を記した「遺産分割協議書」を作成します。

遺産分割協議書作成を作成するために必要なもの
  • 亡くなられた方の除籍謄本、改製原戸籍、戸籍謄本(亡くなられた方の相続人を確認するため・・・遺産分割協議に参加できる人を確認するため)
  • 亡くなられた方の住民票の除票、戸籍の附票(亡くなられた方の死亡時の住所を確認するため)
  • 相続人の住民票
  • 相続人の実印と印鑑証明書
  • 財産の内容がわかる資料(不動産の場合は登記簿謄本・預貯金の場合は預金通帳、残高証明など )

「遺産分割協議書の書き方」 総合目次

遺産分割協議書を必要とするケース

遺産分割協議書を必要とするケース
  • 亡くなった方の預貯金を引き出すとき
  • 自動車の名義変更を行うとき
  • 株や国債の名義変更を行うとき
  • 相続による不動産の所有権の移転登記を行う場合(原因証書として必要)